未分類

就活失敗談

はじめに

みなさん、こんにちは。選考直前。就活、順調に進んでいますでしょうか?

沢山の選考を受けていると、失敗することは沢山ありますよね。どんな就活強者だって、失敗経験はあります。

この記事では、エンカレッジメンターが数々の企業の選考を受けてきた中でやってしまった失敗談を、ご紹介します。

皆さんが、同じ失敗をしないためにも、これを読んで学びましょう!

WEBテストでの失敗談

3月の締め切りラッシュで、限界状態の中でWebテストを受けたら、第一志望群の企業の数社、Webテストで落ちてすごくショックだった…

スケジュール管理大事ですね!!

ESでの失敗談

ESをギリギリに修正して出したら、修正したものではないESで面接された、、、

ESでポエムを書いたら落ちた

○○化成と○○化学を間違えてES書いた

締め切りまで余裕をもってESを書くこと、落ち着いて確認することが大事ですね!

GDでの失敗談

GDで自分達の原体験を交えずに議論して、議論に血が通ってないと言われた

GDのときに突然ワイヤレスイヤホンが接続できなくなり、親の目の前で音声垂れ流しでディスカッションをした(笑)

☞GDでは、自分たちらしさを織り交ぜた議論ができると良いですね!

また、2つ目のようなハプニングもあるようなので、リスクの伴うツールはほかのもので代用できないか、今一度検討してみましょう🖊

面接での失敗談

面接での発言編

「◯◯さんにとって、働く意義はなんですか?」と聞かれて、それを全然考えきれてなくて詰まってしまったこと

熱意を伝えたすぎて、「御社が第一志望の理由は5つあります。」といって回答が長くなりすぎてしまったこと

最終面接でFBを求めたら、教えてもらえなかったし、落ちた。笑

業界の差別化のみで、企業の差別化をしていなかった為、同業他社より御社を志望する理由を答えられなかった

回答がパッと出てこない時があった。「すこしまっていただいていいですか?」と言って10秒ほど経った後に答えたが、無事通っていて安心した

IT企業の面接で、「IT業界興味ないです」ってしっかり理由を付けて願い下げてしまった。志望度は高くなくストックとして持っておこうと思っていた企業だったが、しっかり対策しないとストックにもならないただのタスクなので、受ける企業は志望度の差はあれど基本的にしっかり対策すべきだと思った

最終面接の1分プレゼン、印刷してたスライドに誤字があることが面接会場に到着してから発覚して急遽口頭でプレゼンした

☞総じて、準備不足によって生じた失敗だと言えますね。

こういった失敗は、経験を通じて学んでいくもの。しかし、これを読んだ皆さんは、少なくとも上記の失敗だけはしないように気を付けてくださいね😊

面接でのマナー/ハプニング編

オンライン面接で私服可だったから部活の服で臨んだら、落ちた

嫌いなタイプの面接官に当たってしまった時に、煽ったあげく途中でzoomを抜けてしまった

Wi-Fiの電波悪すぎて面接開始から終了まで面接官の映像完全に止まっていた

☞面接は特に、30分から1時間程度の時間で合否が決まってしまうものなので、気を抜きすぎないこと、準備を万全にしておくことが重要ですね。

その他の失敗談

面接の予定をダブルブッキングしてしまった

zoom説明会寝癖付けていったら録画されていて落ちた

併願不可なのに、第一志望のコースでは無いコースが早期選考をやっていて、焦ってエントリーしてしまった

☞スケジュール管理や、エントリー/説明会などの気を抜いてしまいがちなところの準備も重要だということですね。

まとめ

ここまで、メンターの就活失敗談をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか?すでに同じような経験をしてしまった、、という人もいるかもしれません。

しかし今後は、少なくともここにあるものと同じ失敗をしないように、心に止めておくことで、ミスを減らすことができますね!

ただ、たとえ失敗してしまっても、大丈夫。それを反省して次に繋げることで、就活強者になれます!落ち込みすぎず、自分らしく選考に臨みましょう!

皆さんの就活成功を祈っています✊